育毛シャンプー専門解説サイト

Hair growth shampoo expert

メインイメージ

正しい使い方

育毛シャンプーは非常に有用性の高い育毛アイテムであると言えるでしょう。
頭皮の環境・状態を正常に戻すことによって育毛に最適な環境を作り出すことが出来ます。

髪の毛に対しての負担もかかりませんし。アミノ酸シャンプーであれば髪を補修することも可能です。
さらに育毛剤と組み合わせて使えば、元気で丈夫な髪の毛を育てるのに大きく貢献するでしょう。

しかし、それだけの効果を持っていたとしても使い方がうまくなければ意味がありません。
せっかくアミノ酸シャンプーを使っても、爪でガシガシあらったり、
洗い終わってから適当にしか髪を流さないのでは従来のシャンプーと大した差はでないでしょう。

つまり、育毛シャンプーの効果を最大化するためには正しい使い方を知るのがベストです。
また、たくさんの種類がある中から自分に合ったものを見つけることも大切になります。
いろいろなサイトで育毛シャンプーを比較することで自分に合ったものを見つけることができるでしょう。
しっかりと知識を蓄えて、抜け毛を克服しましょう。
こちらのサイトの育毛シャンプーを使うときに気を付けたいことについての解説ページもおすすめですので、是非ご覧ください。

正しいシャンプー

まず髪の毛を洗う際に気をつけたいのが【泡】です。
育毛用のシャンプーは洗った後にしっかりと流すことが出来るように工夫がされています。
ポイントは十分に流し切ることですが、それでも適当にやれば髪にシャンプーが残ります。

残ってしまえば、髪の毛に負担がかかるばかりか、頭皮には最悪の環境になります。
これでは抜け毛を促進しているようなものです。
そのため、泡はしっかりと流し切るようにしましょう。

また、爪をつかって洗わない様にするのもポイントです。
指の腹で優しく泡をもみこむように洗うと泡立ちの良くなります。
その泡を使って頭皮を優しくなでる様に洗います。

乱暴に泡立てたり、頭皮をこするのではなく、とにかく丁寧にゆっくりを心がけましょう。

石鹸系ならクエン酸リンス

石鹸系シャンプーは髪への負担も少ないうえに経済的な価格のため人気のある種類です。
洗浄力は弱いですが、脂分を適度に落とすので必要な脂も洗い落とす従来のものよりも優れています。

しかし、大きな欠点としてリンスが挙げられるでしょう。
シャンプー後はどうしても石鹸系だと石鹸カスというものが髪に付着しています。
そのため、ギシギシした感触になってしまうことがあります。

これをクエン酸リンスというもので流し落とします。
それによって問題は解決できるのですが、これにもちょっとしたコツがいります。
しっかりと洗い流さないと、やはり髪の毛の方に逆に負担がかかります。

石鹸カスは髪の毛を一瞬でも酸性にすることで解消できるものです。
それを怠る事は頭皮の環境を最低にする行為と言ってもいいかもしれません。
もし石鹸系シャンプーを選ぶ場合は、クエン酸リンスを必須のペアアイテムと考えましょう。
こちらで、楽天で評判の良い育毛シャンプーを紹介していました。シャンプー選びの参考になさってみてください。