育毛シャンプー専門解説サイト

Hair growth shampoo expert

メインイメージ

どのように働きかける?

ここでは、育毛シャンプーが髪の毛にたいしてどんな影響を与えるのか?
どんな風に抜け毛や薄毛に効果をあらわすのか?
などのメカニズムについて詳細に解説しています。

一見、必要のない知識のように感じますが、抜け毛の原因の仕組みをはじめ、
それに対する解決策のメカニズムを知ることでより一層理解が深まり、
自分でもポイントやコツが自ずとわかってくるかもしれません。

まずは抜け毛・薄毛になってしまう原因はどこにあるのか、
という点について考えてみましょう。

薄毛の原因

近年では女性でも髪の毛のトラブルに悩まされている方が多いようです。
それ故に、女性用の育毛シャンプーなどが登場しています。

しかしながら、抜け毛症状が圧倒的に多いのは男性です。
女性にも増えているとはいえ、割合で見るとビックリするほど男性に多い症状なのです。
男性型脱毛症というものがあるほどですから、そのパーセンテージもうかがい知ることが出来ます。

これにははっきりとした理由があります。
それは男性ホルモンの影響です。

男性なら髪の毛が後退してしまったり薄くなっていくことを心配している方が多いかと思いますが、
そういった種類の脱毛を男性型脱毛症といいます。
脱毛症というくらいですから病気なのかと思ってしまいますが、あくまで生理現象とされています。
その理由は上記の男性ホルモンが原因と考えられているためでしょう。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」という物質はジヒドロ・テストステロンを分泌します。
ジヒドロ・テストステロンは毛根の細胞と合成してしまう傾向があり、
これがなされると髪の毛の発毛サイクルが大きく崩れ、発毛に適した状態を妨害してしまうのです。

上記のメカニズムが男性の髪が薄くなってしまう傾向にある原因です。
女性でも男性ホルモンにバランスが傾いている場合などに引き起こされる可能性があります。

さらに、もうひとつの原因としては生活習慣の乱れが挙げられます。
食生活の欧米化で野菜不足に陥っている人はドロドロ血液になってしまうリスクが高まっています。
これは肉や塩分の摂り過ぎで血中のコレステロール値が上昇していることが原因です。

結果的に血液の流れが滞ってしまい、頭皮の血行も悪くなります。
こうなると髪の毛や毛根に酸素や栄養がしっかりと届けられない等の理由で、
ハゲの原因になってしまうと考えられています。

もちろん、薄毛の原因はこれだけではありません。
いくつかの要因が絡み合ってしまう事で引き起こされると言われています。

育毛シャンプーの役割

育毛シャンプーの役割は頭皮の環境を正常化することにあります。
清潔で適度な脂が残っているということがポイントになります。

さらに頭皮に血液が巡るように作用するシャンプーもあり、非常に有用性が高いといえるでしょう。
これらの作用を活用して根本から原因を改善することができます。

男性ホルモンに対しては女性ホルモンと似たような働きをする成分、
ローヤルゼリーやイソフラボンのサプリメントを摂取するなどすると良いでしょう。
これによってホルモンバランスが正常化されます。
こちらのサイトには、育毛剤が効く条件が紹介されていました。合わせて使うことにより、一層育毛効果が期待できそうです。